陬波 花梨(すわかりん)

サクソフォン奏者 陬波花梨の公式サイトへようこそ。
サクソフォン、クラシック音楽の魅力をお伝えしていきます。

プロフィール
福島県会津若松市出身。3歳よりピアノ、10歳よりサクソフォンを始める。
福島県立会津高等学校を経て、洗足学園音楽大学を卒業。

サクソフォンを渡辺健司、冨岡和男、池上政人の各氏に師事。室内楽を池上政人氏に師事。ジャズサクソフォンを佐藤達哉氏に師事。
大学在学中、フィリップ・ガイス氏のマスタークラスを受講。第22回、23回浜松国際管楽器アカデミーにて須川展也氏のクラスを受講。
第18回ブルクハルト国際音楽コンクール管楽器部門第3位(最高位)。第16回大阪国際音楽コンクール木管楽器部門第3位。第22回KOBE国際音楽コンクール奨励賞。
第6回ドルチェ楽器デビューコンサートに出演。フランスのストラスブールで行われた、第17回ワードサクソフォンコングレスにL7orchestre de saxopnones du Japanの一員として出演。
2016年発売HIBI☆Chazz-K最新アルバム「Jazz Chazz Classic」のレコーディングにテナーサクソフォンで参加。発売記念コンサートに出演。

「朝♪クラ」主催コンサートに多数出演。森トラストランチタイムコンサートに定期的に出演。
関東での演奏活動の傍ら、地元の会津若松でも「あいづまちなかアートプロジェクト」の一環として漆器店でのミニコンサートの開催や、音楽鑑賞教室への出演、吹奏楽部の指導など、積極的活動の場を拡げている。
リュミエール・サクソフォン・アンサンブル、アンサンブル・アレグロ各メンバー。神楽坂スタジオユニバース、白水堂音楽教室、楽器専門店ブリリアント各講師。会津演奏家連名会員。